TOP
BTOパソコン・PC通販のパソコンショップSEVEN

パソコンショップ SEVEN

i5-6600K 5万円〜8万円 BTOパソコン一覧


Intel Core i5 の解説 >> 解説を表示

Core i5は現行製品の一般向けの上位モデルです。
手頃な価格で手に入る4コアCPUであるCore i5の注目度は以前より上がっています。

Core i5-6xxxシリーズは、大きなシェアを占めた「Devil’s Canyon」の後継で、「Skylake」と呼ばれるCPUです。
前世代よりCPUは最大11%、GPUは最大28%高速化、メモリも高速DDR4とDDR3Lをサポートします。

Core i5-6600Kは現行Core i5の最上位となります。K付きモデルは倍率可変タイプです。
K付きモデルは、Z170などのチップセットやゲーミング系のマザーボードと組み合わせることで
倍率ロックの限界を越えたオーバークロックが可能です。
内部のTIM(熱伝導素材)が熱伝導率の高い次世代ポリマーに変更され、従来の世代よりも冷却性能が高くなっています。

Core i5-6600はKなしの型番ですが、通常クロックは少し下がるものの、TB時は6600Kと同クロックを発揮します。
OCなどの目的がなければCore i5の中でも性能、コストパフォーマンスに優れたCPUになります。
一般的な用途はもちろん、ゲーミング用途や動画編集などでも4コアの性能を充分に発揮します。

さらにコストを抑えたい方には、Core i5-6500やCore i5-6400がオススメです
Core i5-6400は現行Core i5-6xxxシリーズ中最安価格のCPUです。
上位モデルと比較するとクロックが少し落ちますが、下位のデュアルコアCPUなどと比較すると性能差が歴然です。

«現行製品のCore i5シリーズの性能比較»(2015.12)
型番 規格 クロック(TB時) コア数/スレッド数 L3キャッシュ 性能(ベンチマーク)※  
Core i5-6600K LGA1151 3.5GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB 7500〜8000
Core i5-6600 LGA1151 3.3GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB 7150〜7650
Core i5-6500 LGA1151 3.2GHz(3.6GHz) 4コア/4スレッド 6MB 6900〜7500
Core i5-6400 LGA1151 2.7GHz(3.3GHz) 4コア/4スレッド 6MB 6600〜7000
Core i5-5675C LGA1150 3.1GHz(3.6GHz) 4コア/4スレッド 4MB 6800〜7200 ---
Core i5-4690K LGA1150 3.5GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB 7200〜7700 ---
Core i5-4690 LGA1150 3.5GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB 7000〜7600 ---
Core i5-4690S
(省電力モデル)
LGA1150 3.2GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB 6800〜7300 ---
Core i5-4460 LGA1150 3.2GHz(3.4GHz) 4コア/4スレッド 6MB 6300〜6700
※性能はCPUベンチマークソフトPassmarkによる測定値の目安です。測定環境によって誤差があり、結果を保証するものではありません。
並び替え: おすすめ順 |  安い順 |  高い順    表示件数: 5件 |  10件 |  20件 |  すべて
0件中 1〜0件 を表示  ページ: 

並び替え: おすすめ順 |  安い順 |  高い順   表示件数: 5件 |  10件 |  20件 |  すべて
0件中 1〜0件 を表示  ページ: 
インテル®テクノロジー・プロバイダープラチナ・メンバー認定企業
当店はインテル®テクノロジー・プロバイダープラチナ・メンバー認定企業です。 熟練のスタッフがサポートいたしますのでお気軽にお問い合わせください。