BTOパソコン・PC通販のパソコンショップSEVEN

パソコンショップ SEVEN
 >   >  Windows8.1/Windows8 再インストール手順

Windows8.1/Windows8 再インストール手順

Windows8.1/Windows8 再インストール手順

こちらは当店『パソコンショップSEVEN』でPCをご購入いただいたお客様にご案内しているページです。
当店以外のメーカー、BTOショップのパソコンに関しては手順が異なる場合がございますので購入店にお問い合せ下さい。

「すでにOSが入っているPC」を初期化して、Windows8.1/Windows8(以下Windows8.1と表記)を再インストール(クリーンインストール)する手順をご案内しています。
HDD内の既存のWindowsのデータが全て削除されますので、データのバックアップなどを行った上で作業してください。

OS未インストールのPCへ新規にWindows8.1をインストールしたい方はWindows8.1 新規インストール手順をご確認下さい。

  ※関連 Windows7 新規インストール手順 /  Windows7 再インストール手順
  ※関連 Windows10 新規インストール手順 /  Windows10 再インストール手順

  1. インストールディスクを入れる
    光学ドライブにWindows8.1のインストールディスクを入れ、パソコンを起動します。
  2. 起動ストレージ選択画面へ
    パソコンを起動してすぐに表示されるマザーボードメーカーロゴの画面で、対応するファンクションキーを押します。
    起動時に起動ストレージを選ぶためのファンクションキーはマザーボードメーカーによって異なります。

    ≪マザーボードメーカーごとの対応ファンクションキー≫
    ASUS ⇒ [F8]キー  / AsRock ⇒ [F11]キー  / GIGABYTE ⇒ [F12]キー
  3. 起動するストレージの選択
    どのストレージから起動を行うか、選択する画面が表示されます。
    Windows8.1のインストールディスクを入れた光学ドライブを選択します。
    再インストール手順1
    一つのストレージに対して「UEFI」と付いたものと付いていないもの二種類が表示されますが、「UEFI」の方を選択するとUEFIモードでのインストールとなります。
    UEFIモードでWindows8.1をインストールすると、
    ・パソコンの電源を入れてからWindows8.1起動までの時間が速くなる
    ・セキュリティの高い「セキュアブート」が有効にできるようになる
    ・2.2TB以上の容量のHDDを起動ドライブに選択できるようになる
    といったメリットがあります。
  4. インストールディスクから起動する
    Windows8.1のインストールディスクから起動すると、下記のようなメッセージが出ます。
    再インストール手順2
    このまま操作をしないと、通常パソコンを起動した際と同じ状態に切り替わりますので、すぐに[Enter]キーを押してください。
  5. Windows8.1 インストールプログラムの開始
    ディスクからWindows8.1 のインストール プログラムが起動します。
    再インストール手順2
  6. 言語、入力方式など選択
    言語、入力方式などを選択し『次へ』をクリックします。
    再インストール手順3
  7. プログラムの実行
    今すぐインストール』をクリックします。
    再インストール手順4
  8. プロダクトキーの入力
    Windowsのプロダクトキー(5文字×5組の25文字分)を入力します。
    プロダクトキーはDSP版なら紙パッケージの表のシールに記載されています。
    入力後、『次へ』をクリックします。
    再インストール手順5
  9. ライセンス条項の確認
    ライセンス条項を一読します。
    その後、『同意しますへチェックを入れ、『次へ』をクリックします。 再インストール手順6
  10. インストールの種類を選択
    カスタム:Windows のみをインストールする(詳細設定)』をクリックします。
    再インストール手順7
  11. パーティションの削除
    すでに構築されているWindowsのパーティションを削除します。

    パーティションの削除を行うと、削除を行なったパーティション内のデータは、すべて消去されます。
    削除する前にデータのバックアップなど、ご確認下さい。

    ※ここでは仮想環境を用いています。ご購入の構成によりパーティションの容量は変わります。
    ※350MBのパーティションは、Windowsの起動に使用される特殊なパーティションです。

    Windowsがインストールされているパーティション(画像の場合はドライブ 0 パーティション2)にカーソルを合わせて『削除』をクリックします。
    再インストール手順8
    削除を実行するかどうか確認の画面が表示されますので『OK』をクリックします。
    次に「システムで予約済み」と書かれているパーティション(画像の場合は350MBのドライブ 0 パーティション1)にカーソルを合わせ、同様に削除を実行します。
    再インストール手順8
  12. パーティションの設定
    新規』をクリックします。
    するとパーティションの容量を入力するボックスが出ますので、
    Cドライブ分(Windowsをインストールする容量、50GB以上)を残して、
    Dドライブ分の任意の容量を入力し(単位はMB)、『適用』をクリックします。

    例:500GBのHDDの場合、[400000]と入力すると、Cドライブ:100GB/Dドライブ400GBになります。
      ご購入の構成により容量は変わります。

    再インストール手順9
  13. 割り当てられていない領域をフォーマットする
    パーティションが設定されると、下記のような画面になります。

    ※350MBのパーティションは、設定したパーティションの容量の中から自動的に作成されます。

    手順9で設定したパーティション(画像の場合はドライブ 0 パーティション2)にカーソルを合わせて
    フォーマット』をクリックします。
    再インストール手順10
    警告文がでます。『OK』をクリックします。 再インストール手順10
  14. インストール場所の選択
    ドライブ 0の割り当てられていない領域』にカーソルを合わせて、『次へ』をクリックします。
    再インストール手順11
  15. インストール開始
    インストールが開始され、下記の画像のようにインストールが進み、途中、何度かパソコンが再起動します。
    再インストール手順12
  16. パーソナル設定
    下の画面が表示されたら、『次へ』をクリックします。

    ※カラーバーからお好みの配色を選べます。デフォルトのままでもかまいません。
    ※コンピューター名は未記入でもかまいません。
     変更したい場合はコンピュータ名を入力します。

    再インストール手順13
  17. 設定方法の選択
    簡易設定を使う』を選択した場合は、手順18へ進みます。
    自分で設定する』を選択した場合は、手順15へ進みます。 再インストール手順14
  18. 各種設定1
    各項目を設定し、『次へ』をクリックします。 再インストール手順15
  19. 各種設定2
    各項目を設定し、『次へ』をクリックします。 再インストール手順16
  20. 各種設定3
    各項目を設定し、『次へ』をクリックします。 再インストール手順17
  21. ユーザー名・パスワードの設定
    下の画面が表示されたら任意のユーザー名とWindows にログオンするときのパスワードを入力し、
    完了』をクリックします。なお、パスワードは省略することも可能です。 再インストール手順18
  22. デスクトップの準備
    デスクトップの準備の画面になります。 再インストール手順19
  23. Windowsの起動
    Windows8.1 が起動します。
    この時点ではまだインストールは完了していません。
    インターネットに繋いだり、サウンドを出したりといった基本的な機能を利用するためには、
    ドライバソフトウェアのインストールが必要です。
    再インストール手順16
  24. ドライバソフトウェアのインストール
    ドライバディスクからマザーボードのドライバをインストールしてください。
    使用するディスクは構成によって異なります。
    商品に同梱している付属品の中に下記いずれかのロゴが入ったドライバディスクがあります。
    マザーボードのメーカーや型番は、当店からのメールや添付してある納品書からも分かります。
    ASRockドライバインストール手順ASUSドライバインストール手順GIGABYTEドライバインストール手順